併せて飲むと危険な薬 | カマグラなどが必要となる前に勃起不全を未然に防ぐ努力も必要

カマグラなどが必要となる前に勃起不全を未然に防ぐ努力も必要

併せて飲むと危険な薬

内服薬

カマグラを含め、医薬品の中には「併用禁忌薬」と呼ばれるものが存在しています。
この併用禁忌薬というのは「特定の薬と併用してしまうと、命に関わるような症状を発症する恐れがある医薬品」のことで、実はカマグラを含めたED治療薬にはこの併用禁忌薬と呼ばれるものが幾つか存在しているのです。
なので、カマグラを服用する際には必ず併用禁忌薬についての知識を頭の中に入れておくようにしましょう。
ED治療薬の併用禁忌薬の中でも特に危険と言われている物に「ニトログリセリン」があります。
このニトログリセリンというのは、狭心症や心筋梗塞などの症状を治療する際に使用する医薬品で、正式には「硝酸剤」と呼ばれる医薬品です。
このニトログリセリンはカマグラのようなED治療薬と同じように、服用することによって身体中の血管を拡張させる作用があるのですが、実は血管を拡張した際には有る特徴的な現象が発生します。
それは「血圧の低下」です。
血管が拡張されることによって血液の通り道が広くなり、その結果心臓のポンプ効果が弱くとも、身体中に血液を送ることができるようになるのですが、もしカマグラとニトログリセリンを併用してしまった場合、血管が過剰に拡張され、その結果血圧が急激に低下し、最悪の場合生命活動の維持に最低限必要な血圧の値を下回ってしまい、身体中に血液を充分に送ることができなくなり、そのまま命を落としてしまうことがあるのです。
併用禁忌薬を服用してしまうと、このような非常に危険な症状を引き起こす可能性があります。
なので、もしカマグラなどのED治療薬を服用するのであれば、必ず併用禁忌薬についての知識も頭のなかに入れておくようにしましょう。